看護師転職の面接での適切な服装

看護師転職では、どんな服装で行ったら良いのか迷いますよね。スーツで行った方が良いのか、それともある程度カジュアルな服装でも良いのか、悩んでいる方も少なくないでしょう。そこでここでは、看護師転職の面接の際の適切な服装について紹介していきたいと思います。身だしなみもチェックされるのでこれらを参考に、正しい服装で挑んでください。

1.基本的にはスーツで行くのが正解

看護師の転職面接だからといって、面接は面接ですから、基本的には、スーツで行くのが正解です。小さい病院などでは、カジュアルな服装で行くという方もいますが、カジュアルな服装で行った場合、相手に悪い印象を与えてしまう可能性がありますよね。

こちらの判断で勝手にカジュアルにしているわけですから。でも、スーツで行ってマイナスのイメージを与えることはまずありません。ですから、病院の規模などにかからわず、転職の面接ではかならずスーツでいった方が良いでしょう。スーツももちろんなんでも良いというわけではありません。スーツ選びのポイントをあげると、

・色は紺か黒かグレー
・できれば無地、最悪でもシャドーストライプの物を
・スカートの丈は膝丈のものにする
・パンツでも問題ない

以上のようなポイントが挙げられます。これらのポイントを参考にスーツを選ぶとよいでしょう。

2.靴はヒールのなるべく低いものを選ぶ

靴はヒールの低いものを選ぶ必要があります。あんまり高いヒールの物を履いてしまうと、TPOに合わない雰囲気になってしまいます。ですから、ヒールはなるべく低いものを選ぶようにしてください。また、色は黒が正解。色味のある靴を履いてしまうと、それだけですごくカジュアルな印象が強くなります。

靴にはそれだけの力がありますから、一気に雰囲気が変わるのです。それでは、せっかく上半身で綺麗に見せていても、全体の雰囲気が崩れてしまいますよね。ですから、そうならないように、黒の無難なパンプスを選ぶようにしてください。

3.シャツは無地の淡いカラーの物を

ブラウスは、無地の物が絶対です。フリルのあるものなど、デザイン性が高いものを採用してしまうと、それだけできちんと感が薄れてしまいます。清潔感もうすれますよね。看護師という職業は、特に清潔感が重要なモノでもありますから、ブラウスは無地の物を選ぶのが正解です。色味も出来れば白が望ましいですが、必ずしも白でなければならないというわけでもありません。

淡い色味であれば、清潔感もきちんと感も失われないので、淡い薄いピンクやブルーなどのシャツなら問題ありません。そこだけは自分の与えたいイメージや趣味によって決めると良いでしょう。

シンプルで清潔なスタイルが正解

以上、看護師転職の面接での適切な服装のご紹介でした。看護師の転職の面接の、一般企業の転職の面接となんら変わりなく、シンプルで清潔感を与えることが出来る服装で行く必要があるということはお分かりいただけましたでしょうか?服装で印象を悪くしては最悪ですから、是非これらのことを参考に、最初から印象を悪くしないようにしていってください。