看護師の転職を上手くすすめるための転職理由のポイント

看護師から別の職や別の病院に転職する際には、その転職をスムーズに活かせるための転職理由のポイントがあります。どうせ転職をするのであれば、やっぱりそういうポイントをおさえてスムーズに転職を進めていきたいところですよね。そこでここでは、看護師の転職をスムーズにいかせるための転職理由の3つのポイントを紹介していきたいと思います。

1.労働環境への文句はいわないようにする

まず一つめのポイントは、労働環境への文句は言わないようにするということです。看護師として従事していると、やはり労働環境が過酷なこともありますよね。たとえば労働時間がやたら長いわりに、いまいち給料が良くなかったり、連勤がすごく続いたり、人間関係が複雑でうまくそこになじめなかったりと、労働環境が良くないと感じることも多いのが看護師でしょう。

でも、それをそのまま伝えても、相手の良い印象を与えることは全くありません。ただただ悪い印象を与えるだけでしょう。ですから、転職理由として、そういう理由を述べることはまずNGです。基本的に正直でいた方が良いのが転職ですが、ことこの部分に関しては、かくして別の理由を用意した方が良いでしょう。

2.転職先でやりたいことを必ず述べる

では、逆にどういうことを転職理由として述べれば良いのでしょう。転職を上手く進めるための転職理由としてまず述べるべきは、転職先で何がやりたいのかということです。転職先でやりたいことがあるのであれば、転職の理由がポジティブに聞こえてきます。

やっぱり転職理由がネガティブに聞こえてしまうと、前の職場から逃げてきたという印象が強くなってしまいます。そうして前の職場から逃げてきたのではないかと思われたら、また転職されるのでは?とも思われてしまいます。

せっかく雇ってもまた転職されてしまうのではないかと不安に感じるような人を、採用したいとは思いませんよね。ですから、転職先でやりたいことを明確にして、それを転職理由に盛り込まないといけません。それが二つめのポイントです。

3.前の職場でそれができない理由も説明する

最後のポイントは、前の職場でそのやりたいことができない理由を説明するということです。説明するとはいっても、最初のポイントを意識して、それが悪口にならないように意識しないとなりません。

それが悪口に聞こえてしまったら、やはり前の職場から逃げてきた印象が強くなってしまうので、悪口に聞こえるように話すのではなく、あくまでも論理的に何故それが前の職場では出来ないのか説明できるようになっておきましょう。

とにかく前向きな転職に見せよう

以上が看護師の転職をスムーズに進めるための転職理由のポイントになります。まとめると、

・ネガティブな転職に聞こえるような前職への文句は言わない
・ポジティブな転職に聞こえるように転職先でやりたいことを述べる
・前の職場でそれができない理由を述べ、ポジティブな転職の裏付けをする

ということがポイントになりますね。これらのことを意識して、転職理由を考えてみてください。きっとその先には明るい未来が待ってることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です