看護師転職の面接での適切な服装

看護師転職では、どんな服装で行ったら良いのか迷いますよね。スーツで行った方が良いのか、それともある程度カジュアルな服装でも良いのか、悩んでいる方も少なくないでしょう。そこでここでは、看護師転職の面接の際の適切な服装について紹介していきたいと思います。身だしなみもチェックされるのでこれらを参考に、正しい服装で挑んでください。

1.基本的にはスーツで行くのが正解

看護師の転職面接だからといって、面接は面接ですから、基本的には、スーツで行くのが正解です。小さい病院などでは、カジュアルな服装で行くという方もいますが、カジュアルな服装で行った場合、相手に悪い印象を与えてしまう可能性がありますよね。

こちらの判断で勝手にカジュアルにしているわけですから。でも、スーツで行ってマイナスのイメージを与えることはまずありません。ですから、病院の規模などにかからわず、転職の面接ではかならずスーツでいった方が良いでしょう。スーツももちろんなんでも良いというわけではありません。スーツ選びのポイントをあげると、

・色は紺か黒かグレー
・できれば無地、最悪でもシャドーストライプの物を
・スカートの丈は膝丈のものにする
・パンツでも問題ない

以上のようなポイントが挙げられます。これらのポイントを参考にスーツを選ぶとよいでしょう。

2.靴はヒールのなるべく低いものを選ぶ

靴はヒールの低いものを選ぶ必要があります。あんまり高いヒールの物を履いてしまうと、TPOに合わない雰囲気になってしまいます。ですから、ヒールはなるべく低いものを選ぶようにしてください。また、色は黒が正解。色味のある靴を履いてしまうと、それだけですごくカジュアルな印象が強くなります。

靴にはそれだけの力がありますから、一気に雰囲気が変わるのです。それでは、せっかく上半身で綺麗に見せていても、全体の雰囲気が崩れてしまいますよね。ですから、そうならないように、黒の無難なパンプスを選ぶようにしてください。

3.シャツは無地の淡いカラーの物を

ブラウスは、無地の物が絶対です。フリルのあるものなど、デザイン性が高いものを採用してしまうと、それだけできちんと感が薄れてしまいます。清潔感もうすれますよね。看護師という職業は、特に清潔感が重要なモノでもありますから、ブラウスは無地の物を選ぶのが正解です。色味も出来れば白が望ましいですが、必ずしも白でなければならないというわけでもありません。

淡い色味であれば、清潔感もきちんと感も失われないので、淡い薄いピンクやブルーなどのシャツなら問題ありません。そこだけは自分の与えたいイメージや趣味によって決めると良いでしょう。

シンプルで清潔なスタイルが正解

以上、看護師転職の面接での適切な服装のご紹介でした。看護師の転職の面接の、一般企業の転職の面接となんら変わりなく、シンプルで清潔感を与えることが出来る服装で行く必要があるということはお分かりいただけましたでしょうか?服装で印象を悪くしては最悪ですから、是非これらのことを参考に、最初から印象を悪くしないようにしていってください。


業務量が多い病院から別の所に転職

看護師の方々が別の病院で勤めるのを検討する理由は、大変さです。なぜなら一部の病院では、かなりの労力が求められる事になるからです。業務量が非常に多い病院も、中にはある訳ですね。その問題は別の病院に行く事によって解決する事もあるので、転職を試みる方々も多いのです。

1.夜勤が無い病院

多くの方々は、病院における業務は非常に大変だと考えています。確かに一部の病院では、非常に忙しいことも多いですね。とりわけ夜勤が多い病院などは、かなり体力的に大変な一面があります。夜勤明けのタイミングでは、疲労が蓄積している看護職の方々も多いですね。

しかし全ての病院が大変というわけでもありません。中にはそれほど労力が大きくない病院も存在する訳です。そもそも夜勤によって疲労が蓄積するならば、夜勤が無い病院に行く選択肢もあります。一部の病院では、現実的に夜勤は無いのですから、そこに転職をすれば解決するケースも少なくありません。

2.業務量自体が少ない病院も

それと病院によって、業務量に関する違いもあるのです。確かに一部の総合病院などでは、かなり多くの労力が求められる事になります。作業量が非常に多いので、その負担を軽減したいと思う方々も少なくありません。

しかし別の病院に移れば、それが解決するケースも多々あるのです。街の小さな病院などでは、意外と作業量が少ないことも珍しくはありません。ですので総合病院にお勤めの方は、街の個人医院に転職をしたいと思うケースもしばしば見られるのです。

3.日勤のみという条件で探す

上記の夜勤の問題を解決する為に転職をするなら、日勤のみというキーワードがポイントになるでしょう。多くの転職サイトでは、もちろん求人案件を探す事ができます。それには様々なキーワードがある訳ですが、日勤のみというのもその1つなのですね。

その名称通り、夜勤が無い病院になります。もちろんそのような病院に転職をすれば、労力も大きく軽減される事になるので、それだけ大変さも解消される可能性が高まるでしょう。ですので夜勤の労力を解消する為に、他の病院に移るのも確かに賢明なのですね。

4.紹介会社を活用して大変でない所を探す

その他にも、紹介会社という方法があります。そこでは、登録してくれる看護師の方々に対して、最適な提案をしてくれるのですね。お仕事探しの代行などを行ってくれるのですが、そこに対して「今勤めている病院が大変なので、もう少し労力が少ない所を探したい」などと伝えてみると良いでしょう。人材紹介会社は非常に多彩な案件を抱えているので、それに見合った求人を見つけてくれる事も多いからです。

激務解消のために転職

つまり、次のような点が言えます。

・病院によっては業務量が非常に多い
・夜勤が大変な病院も
・転職で日勤のみの病院に移る方法もある
・大変ならば転職で解決を試みる方法も

何せ激務によって体を壊してしまえば、業務にも支障をきたしてしまうでしょう。それは非常に大きなストレスになってしまいます。看護師の仕事があまりにも大変な時には、転職を検討してみるのも良いと思われます。


看護師の転職を上手くすすめるための転職理由のポイント

看護師から別の職や別の病院に転職する際には、その転職をスムーズに活かせるための転職理由のポイントがあります。どうせ転職をするのであれば、やっぱりそういうポイントをおさえてスムーズに転職を進めていきたいところですよね。そこでここでは、看護師の転職をスムーズにいかせるための転職理由の3つのポイントを紹介していきたいと思います。

1.労働環境への文句はいわないようにする

まず一つめのポイントは、労働環境への文句は言わないようにするということです。看護師として従事していると、やはり労働環境が過酷なこともありますよね。たとえば労働時間がやたら長いわりに、いまいち給料が良くなかったり、連勤がすごく続いたり、人間関係が複雑でうまくそこになじめなかったりと、労働環境が良くないと感じることも多いのが看護師でしょう。

でも、それをそのまま伝えても、相手の良い印象を与えることは全くありません。ただただ悪い印象を与えるだけでしょう。ですから、転職理由として、そういう理由を述べることはまずNGです。基本的に正直でいた方が良いのが転職ですが、ことこの部分に関しては、かくして別の理由を用意した方が良いでしょう。

2.転職先でやりたいことを必ず述べる

では、逆にどういうことを転職理由として述べれば良いのでしょう。転職を上手く進めるための転職理由としてまず述べるべきは、転職先で何がやりたいのかということです。転職先でやりたいことがあるのであれば、転職の理由がポジティブに聞こえてきます。

やっぱり転職理由がネガティブに聞こえてしまうと、前の職場から逃げてきたという印象が強くなってしまいます。そうして前の職場から逃げてきたのではないかと思われたら、また転職されるのでは?とも思われてしまいます。

せっかく雇ってもまた転職されてしまうのではないかと不安に感じるような人を、採用したいとは思いませんよね。ですから、転職先でやりたいことを明確にして、それを転職理由に盛り込まないといけません。それが二つめのポイントです。

3.前の職場でそれができない理由も説明する

最後のポイントは、前の職場でそのやりたいことができない理由を説明するということです。説明するとはいっても、最初のポイントを意識して、それが悪口にならないように意識しないとなりません。

それが悪口に聞こえてしまったら、やはり前の職場から逃げてきた印象が強くなってしまうので、悪口に聞こえるように話すのではなく、あくまでも論理的に何故それが前の職場では出来ないのか説明できるようになっておきましょう。

とにかく前向きな転職に見せよう

以上が看護師の転職をスムーズに進めるための転職理由のポイントになります。まとめると、

・ネガティブな転職に聞こえるような前職への文句は言わない
・ポジティブな転職に聞こえるように転職先でやりたいことを述べる
・前の職場でそれができない理由を述べ、ポジティブな転職の裏付けをする

ということがポイントになりますね。これらのことを意識して、転職理由を考えてみてください。きっとその先には明るい未来が待ってることでしょう。


看護師転職で後悔しないために事前に調べるべきことは

看護師は比較的転職が多い職業であり、都道府県ごとの離職率なども統計として確認することができます。人材の入れ替わりが早いからこそ情報収集が重要で、後悔しないために事前に調べるべきことも多いのです。

1.口コミを参考にする

一番参考にしやすい情報は転職情報の口コミです。実際に病院に勤務した感覚や転職サービスを利用した声を聞ける場合も多く、なかなか知ることができない裏側も知ることができます。ポイントは情報を信用しすぎないことです。

これは、情報の出所をはっきりと確認することができない場合がほとんどで、書いた本人が本当のことを述べているとは限らないからです。

また、口コミはあくまで他人の価値観にしかすぎず、自分が実際の現場に立つと意見が変わってくることもあります。実際に病院で働いている知人がいるなど、ごく親しい人からの情報は、一歩距離を置いて参考にする程度の方が良いのです。

2.何を重視するか明確にし、引き際も考える

転職では年収やキャリアを重視する人も多くいますが、働く環境を重視する人もいます。すべての面において恵まれた職場は少なく、出会えれば幸運といえます。この際な何を重視するかしっかりと優先順位をつけることも大切で、引き際もしっかりと決めておくことも重要です。これは条件にこだわりすぎてタイミングを逃す人も一定数存在するからです。時間をかければそれだけキャリアを積むチャンスが無くなり、年収の伸びも少なくなってしまう可能性があります。資格の取得など、スケジュールに関わってくることもあります。条件に執着すればそれだけ仕事を見つけるのが難しくなるだけでなく、必要な能力や経験のハードルが上がっていく可能性もあります。活動のサイクルをある程度区切って、現実的な選択をとることも重要です。

3.地方による違いもしっかりと頭に入れる

看護師が働く環境や賃金は地方によっても異なってきます。全国平均よりも賃金が高い地方も存在し、条件がいいのは首都圏だけとは限らないのです。

病院の数も待遇も違ってくるため、安易に比べな方がいいこともあります。とくに同業者で比べてしまうと、落ち込む原因になってしまったり、本人にその気がなくても自慢に聞こえてしまうこともあります。

地域の相場があることを理解した上で転職先を選ぶことや、地域の医療貢献している自覚を持つことも重要になってくるのです。

同じ仕事でも選択肢が多いからこそ

看護師転職で後悔しないためのポイントは3つです。

・転職サイト等の口コミを参考にする
・重視することを明確にし、かつこだわり過ぎないようにする
・地方による差もしっかりと認識する

転職してから事前に調べた情報量が少ないと、どうしても後悔に結びついてしまいます。調べるだけ調べたらどうしようもないこともあるため、その点も受け入れる必要があります。

また転職をする方法もありますが、回数だけこなしてはキャリアにマイナスになってしまうケースもあるため、地方による際やタイミングも考えながら冷静に比較を行ってくことも大切なのです。

看護師転職求人おすすめのサイトを紹介します! – 転職×plus

看護師の転職の特徴と登録会社のメリット

転職活動を行う方々の職種も様々ですが、その1つは看護師です。最近ではその業界の方々は、新たなお仕事を探すケースも増えてきています。

その職種の場合は仕事は比較的見つかりやすい傾向がありますが、効率良く転職活動をしたい場合は、人材紹介会社などへの登録が推奨されます。

1.転職をする理由として多い人間関係

その看護職という仕事で転職活動をする方々の傾向としては、人間関係が大変多いです。そもそも人々が転職活動をする以上は、必ず何らかの理由があります。

給料や将来性や会社の方針など様々ある訳ですが、看護職に限って申し上げると、人間関係に関わる理由が圧倒的に多い状況です。病院での人間関係が少々微妙で、なかなか働きづらいと思う看護師も多い訳です。

上司との関係が微妙となると、確かに働きづらい一面があるでしょう。そのような関係性が理由で、転職活動を行う方が非常に多いのが、看護職の大きな特徴の1つです。

他の職種の場合は、そうではありません。むしろ収入が原因で転職活動を行う職種が目立つのですが、看護職の場合は人間関係が理由になっている事が多いのですね。

2.お仕事は見つけやすい看護職

そして前述のように、その職種では仕事は見つかりやすいです。現にそれは、求人倍率によっても証明されています。最近のデータでも、看護職の求人倍率は2.0倍を超えています。2.0というのは、他の職種と比べてもかなり高めな数字です。

倍率が高いほどお仕事が見つかりやすい訳ですから、それだけ看護師は内定率は高めと言えます。

3.人手が足りないので見つかりやすい

ちなみに倍率が高めの理由ですが、その多くは病院などにおける人手不足です。現在殆どの医療機関では、とにかく人手が足りません。

患者の数は非常に多いのですが、看護できる方の人数がとにかく足りないので、倍率も必然的に高めになっている訳です。ですので看護職は、数ある職種の中でも売り手市場と言えます。

4.サイトや紹介会社に登録

ただ数多くの案件の中から、自分に最適な求人を探すのも、なかなか大変な一面もあるでしょう。選択肢があまりにも多すぎれば、転職活動も難航してしまいかねません。

その解決策として、転職サイトや人材紹介会社などの方法もあるのですね。そのような所に登録をすれば、自分のニーズにマッチした仕事も担当の方が選んでくれるからです。効率良く求職活動をしたい時には、大変便利です。

5.看護に強みがある所がおすすめ

そして数ある紹介会社の中には、看護に特化している所も見られます。そのような所の場合、自分のニーズに合う仕事も見つかりやすいのですね。幅広い職種を扱う所よりは、転職活動も効率化する傾向があります。

紹介会社などに登録

以上から、看護職での転職に関して次のような点が言えるでしょう。

・人間関係が理由でお仕事を探す事例が多い
・求人倍率は比較的高い
・紹介会社に登録をすると効率が良い
・登録して求職活動をするのが良い

お仕事を見つけやすいといっても、自分のニーズに合う求人をピックアップするのもなかなか大変です。登録会社を活用すると、その労力も大きく削減されるでしょう。効率良く看護師の再就職先を見つけたいなら、紹介会社などへの登録はおすすめです。